作業員

エレベーターの劣化を防ぐためには定期的に保守作業を行なおう

メンテナンスの重要性

作業員

メンテナンス

高層の建物においてはエレベーターの存在は欠かせないものですが、家庭用としてもエレベーターが設置されるようになってきています。一方でエレベーターは駆動する設備であり、定期的なメンテナンスを行う事が重要です。メンテナンスを怠る事で不具合が生じるだけでなく事故が発生して怪我や最悪の場合には死亡する事もあります。このためエレベーターは定期的なメンテナンスを保守会社に依頼する事になります。保守の内容としては普段は見えない駆動部分のメンテナンスで、必要な場所に給油を行ったり、そのほか電子装置などに異常がないかを検査します。また吊り下げているワイヤーに損傷がないかを調べますし、必要であれば部品交換を行ってエレベーターの健全性を保ちます。

保守会社の選び方

エレベーターのメンテンスを行うさいには保守会社の違いがあります。一般的に設置したメーカーの保守会社であれば、ほぼ問題なくメンテナンスを行ってくれますが、反面で費用が割高になってきます。また外部の保守会社の場合には費用が抑えられますが、会社選びが重要になってきます。また契約方法にも違いがあり、フルメンテナンスであれば、全てを保守会社に任せるというものです。この場合には責任を持って全てを行ってくれますが、保守会社によってフルメンテナンスの水準が異なるため、必ずしも健全性を担保できるものではない事に留意する必要がります。一方でPOG契約と呼ばれるもので、こちらは一般的なエレベーターメンテナンスを行い消耗品の交換などを行いますが重要部品などの交換は別の契約で行う事になります。日頃のメンテナンス費用を抑える事ができるメリットがありますが、修理時にはフルメンテナンス契約よりも費用が高くなる可能性があります。いずれにしてもエレベーターの使用状況や出せる予算の範囲内で会社を選ぶ事が大切です。