作業員

エレベーターの劣化を防ぐためには定期的に保守作業を行なおう

毎日稼動するものだから

マンション

安全と安心のために

マンションなどの管理者は、エレベーターの維持管理のために必要な保守点検や定期検査をすることが法律で義務づけられています。エレベーターは毎日のように使用され運行されるものですから事故が絶対にあってはなりません。また快適に使用するためにも少しの異変も見逃してはならないのです。エレベーターの保守点検とは、専門技術者が月に一度必ず異常の有無や動作を確認することを言います。また定期検査とは、一級建築士または二級建築士、昇降機等検査員などの検査員が国土交通大臣が定める基準に従い、半年から一年の間に検査を行うことです。どちらも大事な検査や点検であり、日本のエレベーターは安全でなければならないことの証明となります。

専門管理会社に依頼を

エレベーターの点検は専門技術者であるエレベーター管理会社に任せる場合が多いのですが、点検すると同時にメンテナンスも行ってくれます。エレベーターを長く使用するためにはこのメンテナンスがとても重要であわせて部品の交換や場合によっては工事が必要になるときもあります。たいていの専門管理業者の場合、どのメーカーにも対応できるようになっています。特に製造メーカーに依頼すると点検費用が高くつく場合があるので、費用の削減のためには専門管理業者に依頼することをおすすめします。もちろん費用が安いと言っても、点検やメンテナンスを怠ることは絶対にありませんから安心してご利用できるでしょう。事故があってからでは遅いので信頼できる業者を選ぶことも大事です。